STRENGTHS Analyst

UNLOCK the POTENTIAL

© STRENGTHS Analyst All rights reserved.

Q:チームメンバーについて、どんなことを知っていますか?(L1)

A:知らないかも

さあ、一問コーチングで自分と向き合いましょう!

今の私にとってのチームメンバーって誰だろう?
ストレングス・ラボの仲間?
コーチング・プラットフォームの仲間?

だとしたら、
知っていることよりも知らないことのほうが多い気がする。

また、クライアントのことを俺はどれだけ知ってるだろう?

この質問から気づいたことは、
より多くのことを知っていたほうがよいという解釈があること。

果たしてそうなのか?
じゃあ、どれだけ知ればいいのか?
量ではなく、必要なことを知っていればいいのでは?
必要なことって何?

知ろうとする姿勢や
相手に興味を持つことがまず大切。
それによって知れることが増えていく。

まだまだ知らないことが多いという事実から
それがダメだと解釈する必要なんてない。
そもそも、そんな簡単に相手の人生を知ることなんてできない。

相手を知るための対話を重ねよう。
あなたは仲間たちとお互いを知るための対話をどれぐらいしていますか?

今日の一問でどんな自分を発見しましたか。
では、また明日。

~今日の質問は「COACH TRAINING PROGRAM」より転載~


ストレングスファインダーTOP5/ALL34のプロファイリング・セッション、
強み活用の継続セッションは随時受付中です。
あなたの才能を最大限活かした成功パターンを一緒に開発しましょう。
お問い合わせ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Q:あなたが真似したいと思うのは、どんな人ですか?(R2)

A:世界観を持っている人 さあ、一問コーチングで自分と向き合いましょう! 『世界観』 今年の私のテーマ。 自分の“こだわ…

Q:失敗を繰り返さないために、何ができますか?(L1)

A:仕組み化 これは私がストレングスファインダーの資質で戦略性を持ってるからかな。 失敗を繰り返すということは、パターンにはまってる…

Q:今日はどんなことを心がけて仕事をしますか?(R1)

A:UNLOCK the POTENTIAL ストレングスファインダーを扱う上で最も大事なのがこれ。 トレーニングのテキストには、こ…

Q:身だしなみで一番気をつけていることは何ですか?(L1)

A:清潔感 この質問を受けて、あまり気をつていないと思った。 いかんなぁ。 人と逢うときは特に、 どんな印象を与えたいのか?…

Q:今、目の前の人にどんな言葉をかけますか?(R2・L1)

A:「ありがとう」 さあ、一問コーチングで自分と向き合いましょう! この質問を受けて、自分は1人かもしれないと思った。 目の前…

ページ上部へ戻る